<大会名称>

・glare surf presents 13th NARUTO skim cup鳴門13th

 

<日 時>

・2017年7月2日(日)

 

<場 所>

・徳島県鳴門市 鳴門 JA 北前

 

<主催者名・団体名>

・glare surf、徳島スキームの会

 

<ジャッジメンバー>

・中本真一
・前田潤一
・三木建児
・松田コウゾウ

 

<コンディション>
天候:霧のち晴れ
風:ほぼ無風
波のサイズ:スネ セットで最大ヒザ上
・1日を通してのコンディション
早朝は霧がって視界不良だったが、エントリー受付終了時には視界も晴れ、晴天での大会スタートとなった。小潮、無風ということもあり、終始安定したコンディションで運営された。
波のサイズはスネ、セットでヒザ上。手前の波はスープ中心だったが、少しアウトの波を取れる選手はリップを使ったライティングをメイクして勝ち上がった。

 

<レポート>

初夏に開催される今回で13回目となる、四国唯一の大会、グレアサーフ プレゼンツ 鳴門スキムカップ。
高速道路のインターチェンジから近く、波も安定してあることから、東は愛知県、西は佐賀県や大分県からと、遠方からのエントリーも多い大会。
エントリー受付前は深い霧に覆われていた会場も、開会式前には晴れへと変わった。
1日を通してほぼ無風。波のコンディションも小潮ということもあり、安定してスネ セットヒザ上だった。セットで入ってくる大き目の波でリップを狙う選手が勝ち上がって行った。
スペシャルクラスは他クラスでは届かない波を乗りこなす選手が多く、ターンだけで終わらず、トリックやウェーブライドを交えて高得点を得ていた。そんな中優勝を手にしたのは、三重県の木全龍之介選手。決勝で地元 徳島県の三木建児選手と死闘の末、栄冠を手にした。
オープンクラスは地元ではないが、ローカル並みに徳島に通っている淵之上隆司選手が昨年の三位からジャンプアップし念願の優勝を手にした。
レディースクラスはスープ狙いの選手が多い中、果敢にリップを狙いターンを決めた納所亜紀選手が優勝を勝ち取った。三位になった兵庫県の清水優来選手は若干12歳で、鳴門でのスキムも初めて。体力的に上位2名には及ばなかったものの、その眼差しは悔しさと近い将来優勝を取るという秘めたる熱意を感じた。
ビギナークラスはオープンクラスと同等の波を狙い、スピーディーなターンを決めた塩澤陸選手が優勝を手にした。

今年は小中学生の参加もあり、スキムボードの盛り上がりを予感させる大会となった。

<レポート作者名>
進藤和也

 

<リザルト>

S__3899508
スペシャルクラス
1位 木全 龍之介(三重)RoosterTail SECRET /RoosterTail Skimboards /NUTS Traction/seacrest wetsuits /69SLAM
2位 三木 建児(徳島)IMPACT skimboards/SPA Macherie
3位 山本 康平(兵庫)skimpeace production/KAYOTICS
4位 森河 尚也(愛知)Skim Latte

.
S__3899541
オープンクラス
1位 渕之上 隆司
2位 杉原 斉
3位 伊藤 貴啓

.
S__3899540
レディースクラス
1位 納所 亜紀
2位 藤本 千晶
3位 清水 優来
4位 松尾 麻由

.
S__3899539
ビギナークラス
1位 塩澤 陸
2位 三井 隆史
3位森久 虎詩
4位橋本 勇紀

 

 

 

Comments are closed.

Post Navigation