今年の事業、「ecoプロジェクト2016」が全て終了しましたので報告させていただきます。

ecoプロジェクト2016の開催地は全国4カ所でした。

・第4回ひらつかハザードecoウォーク(湘南ベルマーレひらつかビーチパーク)

・第3回ecoプロジェクト福岡(奈多海岸)

・第2回ecoプロジェクト宮崎(サンビーチ一ツ葉)

・第1回ecoプロジェクト新潟(上越市五智)

各、開催地域に適した環境テーマを設けて、スキムボーダーが主体となり、環境保全活動や環境学習を開催しました。

 

開催順に紹介していきます。

 

 

第2回ecoプロジェクト 宮崎 ~アカウミガメとの共存~

助成団体:第11回TOTO水環境基金助成

環境テーマ:アカウミとの共存

協力:宮崎野生動物研究会

実行委員長:竹友千尋

 

昨年の9月に開催した、第一回ecoプロジェクト宮崎でサンビーチに産卵に訪れるアカウミガメについて学ぶ事ができました。

この事をキッカケに、地元スキムボーダーを中心に毎月定期的にビーチクリーンを行うようになり、TOTO水環境基金の方々や多くの方に参加していただき、沢山のゴミを拾うことができました!!

 

1 2 3 6 7 8 4 5 s__12304386s__13525039

 

参加人数:のべ197名 45ℓゴミ袋:42袋

1月~10月まで多くの方の参加ありがとうございました!!

 

 

7月・8月には産卵・孵化観察会も開催!!

s__33734743s__17694745s__33849412

今年は子ガメに出会えましたよ♪

 

 

9月にはビーチクリーン後に青空学習や生態調査へ同行しアカウミガメについて楽しく学びました!!

 

s__12304387s__12304389s__12304391s__12304388

 

 

雨の日も風の日も暑い日も参加していただき、本当にありがとうございました!!

これからもこの活動を毎月ずっと続けていきたいと思います。

アカウミガメが宮崎に沢山上陸することを願いながら、宮崎の海を守る為に、今後もご協力宜しくお願いします。

スキムボードで海をいつも使わせてもらっている私達からこの活動の輪を広げていきましょう!!

 

 

 

第1回ecoプロジェクト新潟

環境テーマ:楽しくやろう!環境保全!!

実行委員長:北澤翼

協力:上越市

img_9512 img_9534 img_9535

参加者数:44名 ゴミ総量:228Kg

初開催の新潟県!上越市で開催しました!

多くのスキムボーダーに参加してもらい、228Kgものゴミを回収することができました!!

また、楽しくゴミを拾ってもらえるように 「ごみ DE ビンゴ」 というゲームをしながらチームで多くのゴミを拾いました!!

これを機に、スキムボーダー発信の環境保全活動を始めていきましょう!!

 

 

 

第3回ecoプロジェクト福岡

環境テーマ:自然から学ぶ海との共存

実行委員長:牛尾大亮

img_9504 img_9506 img_9526 img_9528 img_9530 img_9533 img_9539

 

参加人数:13名 45ℓゴミ袋:5袋

 

夏季のシーズン中に多くのスキムボーダーが利用する、奈多海岸で開催。

漂着ごみよりも投棄ごみが多いこの奈多海岸を中心に、駐車場や漁港を秋のecoプロジェクトで清掃しています。

全国的にも稀な「鳴り砂」のビーチを守るために今後も活動を続けていきます。

 

 

第4回ひらつかハザードecoウォーク

環境テーマ:防災(ハザード)

助成団体:公益財団法人 セブンーイレブン記念財団

実行委員長:山石明宏

img_2926 img_2942 img_2953 img_2979 img_2989 img_2998 img_3005s__13525024s__13525025img_3016

参加人数:30名 25ℓゴミ袋:38袋

台風16号の影響で10月30日に開催が延期となり、肌寒い中での開催となりました!!

ここ神奈川県でも「ごみ DE ビンゴ」 というゲームをしながらチームで楽しくビーチクリーンをし、

みんなでハザードecoウォークをしながらシティークリーンをしました!!

全日本スキムボード選手権大会やSKIMFESが毎年開催される平塚で地元ローカルのスキムボーダーと一緒に毎年、災害時の避難場所や避難ビルをシティークリーンをしながら確認できていることは日本スキムボード協会にとって大きな力と安心に繋がっています。

本当にありがとうございます。

また、今年はスキムボード日本代表TEAMからも3名参加してもらい、大変楽しく環境保全活動ができました!!

 

 

総評

今年で4年目のecoプロジェクトでした。

スキムボード協会はスポーツ団体ですが、自然をフィールドに使うマリンスポーツ団体です。

自分たちが競技したり、楽しんでいるフィールドを保全し、単純に綺麗に保つことは当然のことだと思います。

サッカー選手や野球選手、柔道や空手の選手が、球場や道場にゴミが落ちていたら拾うのと同じです。

 

今後はスキムボーダーが中心となって地域に合った環境テーマ設け、近隣住民や関係団体と「環境」を一つの軸に繋がり、協働していけるような事業にスキムボーダーの方々と一緒に楽しく成長させていければと考えています。

全国で協力、参加頂いた皆様ありがとうございました。

また、最後になりましたがこの様な事業を開催できましたのも、助成・協働頂いた企業や団体、行政機関、日本スキムボード協会を年間を通してサポートいただいているスポンサー様のお力添えのお陰です。心より感謝申し上げます。

 

12th Annual Oktoberfest Day 2

いよいよ大会2日目です!

img_1443

 

img_1993

波は少しサイズダウン・・・予報では風が吹いてくるのでProヒートがメインに進みます。

とにかくプロライダーは凄いです。圧倒されまくりです。

img_1466 img_2158 img_2134 img_2061 img_1855 img_1665 img_1539 img_1517 img_2378 img_2446

トップも凄いですが、海外の若い世代はジュニアも含め多いです。ビル・ブライアンの息子やクリス・ヘンダーソンの息子も大会に出場しています!

img_2522

さてさて、日本代表からは小田選手登場!Women’s Proのクオーターファイナルに!

img_2248

このヒートもリズムを掴んで勝ち上がりセミファイナルへ!

img_2279

セミファイナルはと言うと・・・相手選手が怪我の為、棄権。という事で小田選手ファイナルへ進出となりました。

さあ、残すはファイナル!

日本人選手でWomen’s Proファイナリストは初です!応援にも力が入ります。

 

まずはMen’s Pro!ファイナルはブレアとサミーのガチンコ勝負!

img_2662

やっぱりこの2人は上手いです。

img_2718 img_2687 img_2698 img_2700

トッププロのライディングはレベルも高く、どんなジャッジしてるのかな~?と気になる所ですが。なんと今年から電子ジャッジシステムを使っていました。

ヒート中、点数をアナウンスするので聞きながら見ていると、今何ポイントで何位かわかります。日本でも上手く取り入れられると良いかもしれないですね。

 

さあ、いよいよWomen’s Pro小田選手の出番!

img_2607 対戦相手はCasey Kiernan。

 

img_2604 この舞台で自分を出し切って欲しいです!!

img_2636   img_2613 img_2626

小田選手はファイナルもペースを握っていました。果敢に攻めしっかり決めてくる!

会場の雰囲気も味方につけて見事優勝を勝ち取りました!!

img_2660

日本選手として海外の大会で優勝をするのは快挙です!!

小田選手、素晴らしい成績を収めました!今後の活躍も期待しています!

 

大会のリザルトです。

Pro以外の日本人選手も頑張りました!!

img_2871

Woman’s AM 優勝:大町ゆかり  2位:竹友千尋  3位:Naz Mir

img_2863

年令別30~39 優勝:Aaron Fujimoto 2位:Harley Nelson 3位:山根祐輔 4位:Will Wright

img_2869

年令別40up 優勝: Lance Brooks 2位:矢島清二     3位:Jason Holloway 4位:Brad Dickey

img_2881

Women’s Pro  優勝:小田香織    2位:Casey Kiernan      3位:Steff Mags    4位:Sam Victor

img_2888

小田選手の優勝に、ビル・ブライアンが駆け寄って祝福してくれました!

img_2902

Men’s Pro 優勝:Blair Conklin 2位:Sam Stinnett 3位Gerardo Valencia 4位:Bill Bryan 5位:Patrick Mack 6位:Derek Shenton 7位:Jackson Tenney 8位:Paulo Prietto

img_2915

USTのツアー優勝Casey KiernanとオクトーバーフェスWomen’s Pro優勝の小田選手

img_2834

日本代表メンバーがブレア・コンクリンのMen’s Pro優勝とUST優勝を祝福しました!!

 

今回、世界への挑戦で、NATIONAL TEAMメンバーも多くの事を学び感じてきました。成績が残せた選手、上手く自分を出し切れなかった選手、様々です。選手として新たな目標が見つかったと思います!!
各選手、自分のレベルの向上だけではなく、日本のスキム業界の事も個々でしっかりと考えていました。さすがです!!

%e7%ab%b9-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

竹中雄一

%e3%81%8b%e3%81%8a-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

小田香織

%e5%b9%b3%e8%b3%80

平賀恭聖

%e6%9e%97

林大貴

%e5%a3%81

壁下和宏

%e9%81%93

山根道子

 

 

 

 

 

 

img_2796

今回の遠征で世界へ一歩、二歩と近づきました。
更に追いつき追い越せるように、一歩一歩進んでいきたいと思います。

 

代表チームを支援してくださった皆様、スポンサーの皆様のおかげで結果を残す事が出来ました!さらに上を目指していきたいと思います。

これからも色々な活動をしていきます!皆さんの応援、支援が選手の力となりますので引き続きよろしくお願いします!

 

CHALLENGE TO THE WORLD!!

スキムボードNATIONAL TEAM 応援Tシャツ限定発売中!

img_1250

SKIMCLUB会員の方は会員価格になりますので、ログインしてからお買い求め下さい。

http://jsa-skim.shop-pro.jp/?pid=107082008

 

全日本オフィシャルグッズも好評販売中!!

http://jsa-skim.shop-pro.jp/

<大会名称>

・延岡市長杯 うみがめカップ サーフィンコンテスト(スキム部門)

<日 時>

・2016年 9月25日(日)

<場 所>

・宮崎県延岡市クリーンセンター東海岸裏 毛無(けなし)ポイント

<主催者名・団体名>

・延岡スキムボード大会実行委員会(サーフィンメンバー:うみがめカップ実行委員会)

<ジャッジメンバー>

・小田、三ヶ尻、太田

<コンディション>

天候:曇

風:(無風)午前中、(2~3m)午後

波のサイズ:ヒザ~モモ

 

・1日を通してのコンディション :大会開始の時間帯は、干潮により小刻みな波の中から、たまにまとまったヒザ波であった。潮が満ちるにつれて、台風影響によるサイズアップと潮位とが上手くかみ合い、モモまでサイズアップし、一日を通じてスキムボートに適した波であった。

 

<レポート>

・本大会は、もともとサーフィン(ロング・ショート)、BBで競技を行っていたものの、昨年よりスキム部門を新設し、大規模なマリンスポーツ大会を一体感をもちつつ行っている。(九州では同様の大会はない)

・また、大会開催場所が長いビーチであることから、4ヒートを同時開催可能となっている(サーフィン、BBで3ヒート、スキム1ヒート)

<レポート作者名>

・延岡スキムボード大会実行委員長 前田

<リザルト>

・スペシャルクラス

優勝 安河内 武司

2位 金丸 大全

3位 安藤 文浩

4位 小河 信夫

・オープンクラス

優勝 大無田 和也

2位 西田 恒平

3位 友澤 寛

4位 首藤 敬太郎

・目立ってたで賞

清水 友之(足が超速い)

・チャレンジ賞

田中 瑶(昨年ビギナー⇒今回オープン)

 

<写 真>

%ef%bc%91

img_0163 dpp1052 dpp1051 dpp1045 dpp1025 dpp1005 dpp999

img_7511 img_7510 img_7509 img_7507 img_7505 img_7504 img_7503 img_7497 img_7492 img_7491 img_7485 img_7484 img_7482 img_7481 img_7479 img_7478 img_7476 img_7472 img_7471 img_7469 img_7467 img_7466

 

img_7590-7 img_7590-6 img_7590-5 img_7590-4 img_7590-3

img_7590-2 img_7590-1 img_7513 img_7512

<大会名称>

・2016  Vigour’s Cup 20th

<日 時>

・2016年10月16日(日)

<場 所>

・千葉県勝浦市部原海岸

<主催者名・団体名>

・Vigour、千葉skim

<ジャッジメンバー>

坂本孝史、鈴木豪、鈴木拓人、矢島清二、小久保弘昭

<コンディション>

天候:曇りのち晴れ

風: 午前中は北東でサイドショア、午後から東で強めのオンショア。

波のサイズ:

干潮 10:26

満潮 16:35

<1日を通してのコンディション>

引きの時間はすね前後でパワーのないダラダラとした波

上げにかけてサイズも上がり腰前後。フェイスの取れる波になりました。

 

<レポート>

サーフショップヴィガーさん主催のサーフィン、ロングボードの大会に昨年よりスキムボードを加えていただき、合同では2回目となる競技大会を開催しました。

スキムボードの試合においては独特のルールを設け、男女混同、クラス混同となっており他の大会では見られない組み合わせになるので新鮮で適度な緊張感を体験できることも魅力です。

ベストライド1本をフラッグ判定のジャッジシステムを取り入れています。また、マキシマム6本も特徴の1つです。

スキムボードの普及、発展促進に加えまだまだ認知度の低い地域であるため今後も地元の方々と親交を深めながら地域活性化に繋がるイベントとして継続していきたいと思います。

 

<レポート作者名>

Vigour ‘s Cup 千葉skim実行委員

 

<リザルト>

Aクラス

1位 森近 光太郎 (埼玉)

2位 山根 祐輔 (千葉) ムラサキスポーツ神田小川町店・Victoria Skimboards・AIRTIGHT・INSIDE PRODUCTION・CREATURES

3位 安田 哲 (神奈川)  Victoria Skimboards ・REG WETSUITS ・Skim One

 

Bクラス

1位 森田 幸治 (神奈川)

2位 山根 道子 (千葉)  ジョーンズインタースポーツ株式会社(MAZAR)・WooF wetsuits

3位 萬浪 健太郎 (兵庫)

 

Cクラス

1位 赤堀 勇 (静岡) EBIS SKIMBOARDS・NUTS traction

2位 前東 晃 (千葉) IMPACT skimboards・INSIDE PRODUCTION

3位 渕之上 隆司 (兵庫)

 

<写 真>

写真提供<滝澤 裕樹、白石哲哉>

af-jpeg cf-jpeg djr-jpeg bf-jpeg%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%87%e3%82%a3%e3%83%b3%e3%82%b0%ef%bc%880%ef%bc%89-jpeg %e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%87%e3%82%a3%e3%83%b3%e3%82%b0-2-jpeg %e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%87%e3%82%a3%e3%83%b3%e3%82%b0-4-jpeg %e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%87%e3%82%a3%e3%83%b3%e3%82%b0-1-jpeg  %e8%a1%a8%e5%bd%b0-jpeg a-jpeg b-jpeg c-jpeg %e9%9b%86%e5%90%88-jpeg

 

 

12th Annual Oktoberfest  Day 1

さあ!大会当日、1日目!

img_0505 img_0501

朝と夜は少し肌寒く、日が出るまでは上着があると良いですね。

さて波は、と言うと・・・やっぱりデカいです!

img_0502

頭以上の波が入ってきます。しかも届く。

海外のプロライダーはエグイ所で決めてくる。実際に生で見るライディングと波の凄さは想像以上です。

img_1433 img_1384 img_1391 img_1394 img_1400 img_1404 img_1412 img_1421

ヒート表とスケジュールが出ましたが、基本的には波の良い時間帯にProのヒートがあるので予定があまり出ていないです。

 

代表メンバーは竹中選手がMen’s ProのHヒートで一番手!

ゼッケンを着て、いよいよヒート開始!!

img_0524

自分の力がどこまで通用するのか!応援する方も緊張します!

img_0522

対戦相手は、Tim Fulton、Patrick Mack、Travis Williams。かなりのハードヒート!

ヒート時間は10分、左右関係なしのベスト3本。

プロライダー達の中、竹中選手も負けてはいませんでした。バックサイドラップ~チューブ2本とバックサイド1本を決めました!

img_1595

もう一本欲しい!っと手に汗握りました。

 

しかし一歩及ばず・・・勝ち上がることは出来ませんでした。

img_1768 img_1776

続いてはWomen’s Proの山根道子選手と小田香織選手のヒートです。

山根選手は1回戦でSteff Magsと対戦。現在のツアートップの選手。

やっぱり上手いですね!山根選手はかなり攻めていましたが決めきれずに1回戦で負けてしまいました。

そして小田選手。1回戦から自分のペースを掴んでいました。

img_1783

着実に勝ち進み、2日目のクオーターファイナルにコマを進めました!

 

img_1940 img_1925 img_1956

そしてSemi Proへエントリーしている、林選手、平賀選手、壁下選手の出番です。

参加人数が多い事もあり、2コートでヒートを行うことになり、南コートでSemi Proのヒートが行われました。

こちらのエリアはメインと比べてサイズも下がってしまい、コンディションはイマイチ。それでもみんな上手かったです!

セットが入るとアウトでブレイクしてしまい波が取れない状況。林選手はフロントサイドで良いライディングがありましたが本数が足りなかったです。平賀選手もバックサイドで良いターンがありましたが・・・・

2人共1回戦で負けてしまいました。

壁下選手は、しっかりと3本揃えて2回戦へ進出!

もう1試合勝って2日目にコマを進めたいところ。

img_1979

2回戦はぐっとレベルもあがりました。他のライダーに負けず善戦しましたが、0.6pt差で3位。2回戦で負けてしまいました。

オクトーバーフェス1日目を終えて、勝ち上がった選手は小田香織選手のみとなりました。

 

負けてしまった選手は残念でしたが、色々な経験をしました。この経験を日本へ持ち帰って多くの人達に発信していって欲しいと思います。

では、明日に備えてgood night

12th Annual Oktoberfest(第12回オクトーバーフェス)へ日本代表が挑戦!!

スキムボードの本場カリフォルニア!

ニューポートビーチ、バルボアピアで開催される12th Annual Oktoberfest(第12回オクトーバーフェス)にスキムボード日本代表NATIONAL TEAMから6名が挑戦してきました!

%e3%83%a1%e3%83%b3%e3%83%90%e3%83%bc

左から:壁下和宏・竹中雄一・平賀恭聖・林大貴・小田香織・山根道子

今年の全日本プロクラス優勝者、竹中雄一選手、2位の平賀恭聖選手、3位の林大貴選手、レディース優勝者の小田香織選手。

昨年のプロクラス優勝者壁下和宏選手、レディース優勝者の山根道子選手

このメンバーでどこまで行けるのか!!世界への挑戦です!

 

そして今回、クイックシルバー・ジャパン様の提案により、日本代表コラボTシャツを販売しました。好評発売中!!限定商品なのでお早めに。

http://jsa-skim.shop-pro.jp/?pid=107082008

1%e3%82%af%e3%82%a4%e3%83%83%e3%82%af

 

ということで、まずは出発ですね。

成田空港に平賀選手、小田選手、壁下選手、山根選手と待ち合わせ。竹中選手、林選手は別便です。

img_0411

今回は現地入りの日程や滞在期間が違うので、一日早く現地入りした竹中選手から波情報を送ってもらいました。

2

波のサイズはセット頭以上!!

今年のオクトーバーは波が当たり!期待しながら現地に向かいました。

 

飛行機で約10時間のフライト。もっと近ければいいのに・・・意外と移動は大変です。

 

現地に着いたらまずはレンタカー!レンタカーと言えば日本人に優しい、さくらレンタカー。日本語対応してくれます。

4-2

さくらレンタカー https://www.sakura-rentacar.com/jpn/home

車に乗り込み、行先は大会会場のバルボアビーチへ。

さすがアメリカ!車が多い、車線も多い。当たり前ですが右側通行で標識が英語!

フリーウェイは便利ですが有料道路もあるので要注意です。

5

渋滞も少しあり走る事約1時間、ニューポートビーチ、バルボアピアに着きました。

動画でも良く見るロケーション。

img_0430

雰囲気、波のサイズが頭以上!!テンションが上がります!

3-1

大会に向け波の感覚を掴むことも大切!長旅の疲れもあるので軽く海に入ることにしました。

6 6-1 15 14 6-4 10

やっぱり波が日本とは違います!

海外のライダーは簡単そうにやっていますが簡単ではないです!

バルボアビーチで入っていて感じることは環境の良さです。アリソビーチもそうですが、夕方になると平日でもスキムボーダーが多い。

7 7-1

学校が終わって小学生~大学生くらいの年代がみんなで楽しくスキムをしています。

当たり前のようにこんな環境があれば上手くなるのかも・・・日本との波の違いはありますがスキムが生活の一部になっていることは素敵なことだと思います。

 

さて、1日目は長旅と時差の影響もあるのでこの辺で切り上げてホテルにチェックイン!

今回はホテル空き状況の関係で、ラグーナヒルズロッジとブルーバードホテルに分かれました。ジャグジーやプールもあるので海外へ行くときは利用してみてください。

ラグーナヒルズロッジ http://www.lagunahillslodge.com/

ブルーバードホテル http://www.blvdcostamesa.com/

ホテル検索サイトなどからも予約が出来ます。

では、明日に備えます。

%e3%81%8b%e3%81%b9 good night

 

大会前日の朝はゆっくりと朝食を取って、後入りの林選手を空港に迎えに行きます。

林選手と合流!

%e3%81%a0%e3%81%84

そして、バルボアビーチへ移動。

昨日と同じく上げの時間帯が良いみたいですね。引きの時間帯だったので、少し撮影をしました。

img_0461

潮が上げてきたところで各自のペースで最終調整!

9 img_1238 img_1297img_0481

 

まだまだ波の感覚は掴みきれていませんが、明日の大会に備えホテルへ戻ります。

その2へ続く。

<大会名称>

・第12回東北スキム選手権

<日 時>

・2016年10月9日(日)

<場 所>

・宮城県 亘理 笠野ポイント

<主催者名・団体名>

・東北スキム選手権実行委員会

<ジャッジメンバー>

・杉山誠

・杵鞭誠

・丸山忠明

・牛尾大亮

 

<コンディション>

天候:雨~晴

風:強いオフショア

波のサイズ:モモー腰 セット肩

・1日を通してのコンディション :一日を通して風は強いオフショア、波のサイズは安定したサイズの波が入ってきていました。

 

<レポート>

プロクラスのエキシビジョンはセットの大きなサイズの波をメイクしていました。

そんな中、波を上手く選び確実にメイクし、エキスパート優勝したのは石井選手!

難しい波の中、みなさん果敢に攻めてました!

オープンクラス優勝は藤井選手。新潟から参戦の丸山選手は善戦したものの一歩及ばず。ファイナルは会場が一体となり盛り上がりました!

レディースクラスファイナルは接戦の勝負。優勝の桑原選手は上手く波を選び、確実にメイクしていました。!

 

<リザルト>

プロクラス(エキシビジョン)

1位 杉山 誠  ジョーンズインタースポーツ株式会社(MAZAR) ・Vigoursurfingsupply・HOLLYWetsuits

2位 丸山 忠明  Skim One

3位 牛尾 大亮  EBIS SKIMBOARDS ・スキムボードショップ GOOD WAVE・NUTS traction

4位 杵鞭 誠  ジョーンズインタースポーツ株式会社(MAZAR)・SKIM GARDEN

s__15466507

 

エキスパート

1位 石井 隆光

2位 佐藤 義経

3位 山上 晃平

 

21729

 

オープン

1位 藤井 樹

2位 丸山 瑞規

3位 松戸 昌和

4位 須田 善昭

 

21731

レディース

1位 桑原 真由美

2位 戸塚 朋子

3位 毛利 美恵

 

21733

 

 

 

14591586_1514456988582895_3609184338801279493_n

 

14591634_1514457031916224_8837804253676938631_n14642358_1514456998582894_7284717813182105811_n14519783_1514457028582891_1696440954347782285_ns__15466528

 

14567990_754288124711889_8932540987661139813_n14650093_754288231378545_2258600403670179884_n