スキムボードチャンピオンシップ10th

各クラス優勝者のチャンピオンインタビューをお届けします!!

▼ プロクラス優勝 壁下 和宏

プロ壁下7

Q1 あなたにとってチャンピオンシップとは?

A1 僕にとってチャンピオンシップとは、日本一を決める日本最高峰の舞台です。

日本各地から強者が集いますからね。

チャンピオンシップで優勝するためにスキムをしてると言ってもいいです。

 

Q2 優勝してどうでしたか?

A2 凄く嬉しかったです!

今までスキムをしてきた事が報われた気持ちでした。

チャンピオンシップで勝てた事が自分のモチベーションを更に上げてくれてます。

プロ壁下4

Q3 大会に向けてしてきた事は?

A3 出来る限りスキムボードをするようにしてます。

波の有る時もフラットな時も出来る事は有るし、何気無い動きの中でもトリックとか次に繋げられる小さなヒントをつかむ事が出来たりします。

冬の間、海が荒れ狂って入れない時は体幹トレーニングを取り入れてます。

これらを年間通してチャンピオンシップに向けて行い、身体のコンディションを整えて挑みます。

プロ壁下8

Q4 過去の大会で印象に残っているヒートは?

A4 印象に残っているヒートというかチャンピオンシップ5thは全ヒート覚えています!

スポンサーにサポート頂けた年でプロクラスに初出場しました。

周りはDVDやネット動画で見る人ばかりで気持ち負けする位でした。

第二ヒートで金子昌輝さんとのヒートではバックサイドラップターンを大会で初めてまともに決める事が出来ました。

もう無我夢中でファイナルまで勝ち進んで、安河内武司さんと松下智光さんとのヒートでは全く何も出来なかったのを覚えています。

これがトップライダーとの差なんだと肌に感じました。

プロ壁下1

Q5 ライバルは?

A5 自分の中の自分ですね。

特に冬の雪が積もった時の自分は強敵ですね(笑

寒いし防寒すればするほど動きにくくなりますから自ずと怠けたくなるんですけど、そこで自分に負けてしまうと、太平洋で入ってる人達と差が付いてしまいますからね。

自分に負けないようにモチベーションを維持していけるようにしています。

 

Q6 今年の大会への意気込み

A6 11回目のチャンピオンシップは連覇に挑みます!

連覇への挑戦権は僕1人にしか有りませんから、今年も優勝しかないんだとチャレンジャーとして挑みます!

プロ壁下2プロ壁下5

Q7 最後に一言

A7 日本一を決めるチャンピオンシップには毎年ドラマがあると思います。

選手一人一人が内に秘めた思いを最高の舞台でぶつけ合うチャンピオンシップ。

ギャラリーも一体となって盛り上がるようなライディングが出来るように頑張ります!

応援よろしくお願いします!

 

▼レディースエキスパートクラス優勝 山根 道子

レディースエキスパート山根4

Q1 あなたにとってチャンピオンシップとは?

A1 1年の目標であり、この大会に向けて1年練習しています。

レディースエキスパート山根5

Q2 優勝してどうでしたか?

A2 たくさんの方に名前を覚えて頂いたり、メディア出させて頂いたりと、チャンピオンシップの影響は凄いと改めて感じました。

 

Q3 大会に向けてしてきたことは?

A3 ターンのキレを出すために、減量と脚力を鍛えました。

 

Q4 過去の大会で印象に残っているヒートは?

A4 ずっと一緒にお互いに刺激をもらい練習してきた仲間と同じヒートになった時はとても燃えました。

 

Q5 ライバルは?

A5 昨日の自分です。

レディースエキスパート山根

Q6 今年の大会への意気込み

A6 未だない、レディースクラス2連覇を達成したいです。

レディースエキスパート山根2

Q7 最後に一言

A7 年々、レディースクラスのレベルも上がっているので、今年も見応えのあるヒートになると思います。

2連覇に向けて頑張りますので応援よろしくお願いします!!

 

▼エキスパートクラス優勝 杉山 誠

エキスパート杉山5

Q1 あなたにとってチャンピオンシップとは?

A1 日本全国のスキムボードのレベルが見れる唯一の場として勉強になるところ

エキスパート杉山3

Q2 優勝してどうでしたか?

A2 優勝できて嬉しいと言うかホッとしました。

と言うのも8年前までチャンピオンクラスで出場していた事と長いブランクが有るにもかかわらず支えて来てくれた方々やスポンサー様のためにも負けるわけにはいかないという思いで大会に挑んだからです。

エキスパート杉山7

Q3 大会に向けてしてきたことは?

A3 約5年間のブランクが有ったので、タバコをやめて筋力と持久力を戻す事に重点を置きました。

 

Q4 過去の大会で印象に残っているヒートは?

A4 チャンピオンシップ9thでは2回戦敗退だったので悔しい思いをしました。

エキスパート杉山2

Q5 ライバルは?

A5 自分自身?ヒート中自分を見失ってしまい自分のライディングが出来ないことで負けるパターンが多い為。

 

Q6 今年の大会への意気込み

A6 チャンピオンシップが平塚に移ってから初のプロクラスですが、ライディングのレパートリーも少ない中、自分の出来ることを精一杯やりたいです。

エキスパート杉山4

Q7 最後に一言

A7 型にはまらない、幅広いライディングが出来るように日々精進

 

▼キッズクラス優勝 堤 大伽

キッズ堤4

Q1 あなたにとってチャンピオンシップとは?

A1 1番大きい大会

キッズ堤2

Q2 優勝してどうでしたか?

A2 嬉しかったです

キッズ堤5

Q3 大会に向けてしてきたことは?

A3 いろんな海に遠征し、たくさんの上手い人達と一緒に入ってもらい、教えてもらいました

 

Q4 過去の大会で印象に残っているヒートは?

A4 チャンピオンシップの決勝です

キッズ堤

Q5 ライバルは?

A5 とくにいません

 

Q6 今年の大会への意気込み

A6 キッズクラスは卒業なので、これからは頑張って、大人の人達に挑戦していきます。よろしくお願いします。

キッズ堤6

Q7 最後に一言

A7 これからもよろしくお願いします。

 

 

▼オープンクラス優勝 上田 瑠

オープン上田

Q1  あなたにとってチャンピオンシップとは?

A1 僕にとってチャンピオンシップとは1年間の練習の成果を発揮するスキムボードの集大成の場だと思います。

 

Q2 優勝してどうでしたか?

A2 正直、優勝出来るとは思っていなかったので、実感がなかなか沸きませんでした。でも、実感が沸き興奮で、帰り道一睡も出来ませんでした(笑)

オープン上田2

Q3 大会に向けてしてきたことは?

A3 とにかく海に入れる時は30分でもいいので海に入りました。週4~5日くらい入りました。大会は波が良くない時に開催されるのがほとんどだと思うので、波が悪い時でも、海に入って練習しました。

 

Q4 過去の大会で印象に残っているヒートは?

A4 スキムボードを初めて3回目くらいのタイミングで出場した、寺沢スキムボードフェスティバルですね。テイクオフすらままならなかったのを覚えています(笑)

 

Q5 ライバルは?

A5 ライバルはよく海に一緒に入る水谷有輝(三重)選手です。アドバイスを普段からしてくれるので、良いライバルです(笑)

オープン上田1

Q6 今年の大会への意気込み

A6 今年から、クラスを1つあげて出場しているので、周りの方のレベルが一気に上がって、更に技術を身につけないといけないと感じました。チャンピオンシップのアドバンスクラスで優勝が今年の目標です!!

 

Q7 最後に一言

A7 現在、サポートしていただいているムラサキスポーツ桑名店や、普段から海に一緒に入っていただいている方に感謝の気持ちを忘れずにこれからもスキムボードを楽しんでいきたいと思います!

現在、ムラサキスポーツ桑名店で、スタッフとしても働いているので是非遊びに来てください!

▼レディースオープンクラス優勝 高江洲 梓

レディースオープン高江州2

Q1 あなたにとってチャンピオンシップとは?

A1 どの大会も「今までの1番を出しきる場」として挑んでいます

 

Q2 優勝してどうでしたか?

A2 まだまだ!

レディースオープン高江州3

Q3 大会に向けてしてきたことは?

A3 波が悪い時でも、ふてくされず、「これが大会だったら」と思いスキムしてました

 

Q4 過去の大会で印象に残っているヒートは?

A4 2015年チャンピオンシップ

 

Q5 ライバルは?

A5 今はデカ波が1番の超えなきゃいけない存在です。

レディースオープン高江州

Q6 今年の大会への意気込み

A6 ラッキーヒートとは言わせません!!

 

Q7 最後に一言

A7 スキム最高〜!

 

昨年度の各クラス優勝者のコメントを掲載させていただきました。

優勝選手、ご協力ありがとうございました!

 

今年の11thで、新たなチャンピオンが現れるのか?それとも2連覇を達成するのか!

楽しみにお待ちください!!