こんにちは!

5月27日と28日の2日間、かしわざき風の陣へ新潟パートナーズの皆さんとランドスキム体験会の開催で参加してきました!!

S__3235872

S__3235873

S__8486934

S__8486962

S__8486958

 

2日間で子供から大人まで多くの方に参加して頂き、のべ150名近くの方にランドスキムボードを体験してもらい、

スキムボードというマリンスポーツを知って頂くことができました。

 

7月9日には同じ会場でSKIMFES2017が開催されます。

「楽しかった!!」

「7月9日も参加するよ~!」 と、多くの声を頂きました!!

 

S__3235869

 

S__3235867

 

スキムボードの無料体験会「SKIM FES 2017」

 

0001 (4)

 

楽しい夏が海にある!!Let’s skimboarding!!

 

6月25日 SKIMFES宮崎 (みやざき臨海公園)

7月 9日 SKIMFES新潟 (みなとまち海浜)

 

エントリーはコチラ↓

http://www.jsa-skim.com/contents/skim-fes.php

 

指導者の皆様のご協力もお願いします!

コチラ↓

https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSe6mr5tACT51SwCOdmg5WfyXjBSHW2ow6AbUCdLUwurwcX8pg/viewform

 

 

今回使用したボードは、昨年Skim peace production様からご提供いただいたC-one!!

 

S__3235874

 

S__3235870

滑りも良くて参加者に楽しんでいただけました!

Skim peace production様ありがとうございました!

 

新潟パートナーズの皆様もお疲れ様でした!

ありがとうございました!!

<大会名称>

・第18回湘南祭SKIMBOARD CONTESTMAZAR CUP2017

IMG_4067

<日 時>

・2017年4月30日(日)

<場 所>

・神奈川県茅ケ崎市 サザンビーチ

 

<主催者名・団体名>

・湘南祭実行委員会

 

<ジャッジメンバー>

平井義信

福士達郎

矢島 清二(日本スキムボード協会)

<コンディション>

天候:晴れ

風:緩いオンショア~強めのオンショア

波のサイズ:ヒザ~モモ セットコシ前後

・1日を通してのコンディション

早朝はオフショアだったが、大会スタート時には緩いオンショアからのスタート。

波のサイズはヒザ~モモ、セットでコシ前後。朝は波が巻いていましたが、潮が引き始めると波のパワーは弱くなってきていました。ヒートが進むにつれアウトでブレイクして波の見極めが難しくなりました。

スープや小さめの波でもしっかりとしたターンや、トリックのコンビネーションをしっかり決めてくる選手が勝ち上がりました。

 

<レポート>

今シーズン初戦となる湘南祭。神奈川県茅ケ崎市のビックイベントとして毎年行われていてスキムボードの大会も湘南祭の1つのイベントとして開催している。

湘南祭に遊びに来た人たちがスキムボードを目する事の出来るギャラリーの最も多いコンテスト。今年で18回目となり国内では一番歴史のあるコンテストとなっている。

ヒートスタート時、コンディションはまずまずだったが風も強くなり全体的には難しいコンディションでの大会となった

チャンピオンクラス優勝は岸田優人選手(三重)軽やかなライディングでアウトの波も取り、コンディションが変わった後も完成度の高い多彩なトリックを交え今シーズン最初のコンテストを制した。

2位には川口勝也選手(静岡)持ち味であるスピードとエアーを主体に攻めてきた。

セミファイナルまではリズムを掴めていたがファイナルでは決めきることが出来ず岸田選手のバリエーションに一歩及ばなかった。

3位は壁下和宏選手(新潟)調子を掴めずにいたが、上手くフォローしながら勝ち上がっていった。セミファイナルでは川口選手に敗れるが順位決定戦では息を吹き返し安定感のある強さをみせてきた。

4位は塙大地選手(茨城)力を付けてきている若手選手。昨年の全日本ではオープンクラスで優勝して勢いに乗っている。プロクラスの選手には力及ばず4位。しかし切れのあるレールワークでトップ選手相手に大躍進。今後注目のライダーの一人である。

 

レディースクラスの優勝は高須尚子選手(愛知)スピーディーなライディングと迫力のあるレールワークでシーズン初戦を勝ち取ってきた。

 

オープンクラス優勝は山形隼人選手(茨城)塙選手とライバルと言える茨城の若手選手。初戦優勝で今シーズンに弾みを付ける。

 

<レポート作者名>

矢島清二(日本スキムボード協会)

 

<リザルト>

◆チャンピオンクラス

IMG_4058

左から 優勝:岸田 2位:川口 3位:壁下 4位:塙

優勝 岸田 優人(三重)Skim One・Victoria Skimboards U.S・Ronin eyewear・Let’s Party・Traction・REG wetsuit・SRH・SpySee Tatto・株式会社ヤマト白蟻研究所

2位 川口 勝也(三重)ジョーンズインタースポーツ株式会社(MAZAR)・Bob’s House

3位 壁下 和宏(新潟)ジョーンズインタースポーツ株式会社(MAZAR)・SKIM GARDEN・WooF wetsuits・ムラサキスポーツ新潟万代シティビルボードプレイス店・FREAK・TRACTION・BANDEL・VAPE ON

4位 塙 大地(茨城)

▼優勝者コメント

IMG_4061

 

 

・岸田優人

湘南祭実行委員、スタッフ、選手の皆さん、お疲れ様でした。

難しい波でしたが優勝できてよかったです。ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

◆レディースクラス

IMG_4045

右から 優勝:高須 2位:山根 3位:高田 4位:水谷

優勝 高須 尚子(愛知)Skim Latte

2位 山根 道子(千葉)ジョーンズインタースポーツ株式会社(MAZAR)・WooF wetsuits

3位 高田 梓(神奈川)

4位 水谷 千恵子(愛知)

▼優勝者コメント

IMG_4049

 

 

 

 

・高須尚子

今日は厳しいコンディションの中、優勝できて良かったです。
日々、仲間との練習の成果がでた事を嬉しく思います。
関係者の皆様ありがとうございました。
.
.
.
◆オープンクラス

IMG_4047

 

右から 優勝:山形 2位:平賀 3位:宮岡 4位:池川

優勝 山形 隼人(茨城)

2位 平賀 明宏(三重)RoosterTail SECRET

3位 宮岡 崇(東京)

4位 池川 忠行

▼優勝者コメント

IMG_4053

 

 

 

・山形隼人

今回、初の湘南祭出場でした。
コンディションは良くありませんでしたが優勝する事が出来て良かったです。
これからも上を目指して頑張ります!

 

 

 

 

◆ジュニアクラス

IMG_4039

優勝 杉山 琴美(千葉)

 

写真

IMG_4062 IMG_3970 IMG_4021 IMG_4026 IMG_4028 IMG_3987

IMG_4018 IMG_4016 IMG_4021 IMG_4008 IMG_4006

 

【2017 スキムボード大会情報】

鳴門13th

glare surf presents 13th NARUTO skim cup鳴門13th(徳島県)

主催・団体名 glare surf、徳島スキームの会

開催日 2017年7月2日(日)

開催場所 徳島県鳴門市 鳴門 JA 北前

大会Facebookページ

https://www.facebook.com/events/1917927995111492/?acontext=%7B%22ref%22%3A%222%22%2C%22ref_dashboard_filter%22%3A%22upcoming%22%2C%22action_history%22%3A%22[%7B%5C%22surface%5C%22%3A%5C%22dashboard%5C%22%2C%5C%22mechanism%5C%22%3A%5C%22main_list%5C%22%2C%5C%22extra_data%5C%22%3A[]%7D]%22%7D

 

エントリーページ

https://box.yahoo.co.jp/guest/viewer?sid=box-l-qzwy5luybqehjfcdnhr4hfstci-1001&uniqid=c787309b-ddf0-4788-8b31-8138074e56fc&viewtype=detail

 

 

M-1スキムボードフェスティバル 2017 12th(宮崎県)

主催 MSCE

開催日 2017年5月5日(金)、6日(土)

開催場所 宮崎県宮崎市 サンビーチ一ッ葉海岸

大会ホームページ https://www.msce-japan.com/

エントリーページ https://docs.google.com/…/1FAIpQLScf-C2_tVj8-CCF

 

 

湘南祭第18回湘南祭SKIMBOARD CONTESTMAZAR CUP2017(神奈川県)

主催 湘南祭実行委員

MazarSkimboards(ジョーンズインタースポーツ株式会社)

開催日 2017年4月30日(日)

開催場所 神奈川県茅ケ崎市 サザンビーチ

ホームページ http://www.chigasaki-cci.or.jp/shonan_festival/#skim

エントリー用紙 http://www.chigasaki-cci.or.jp/shonan_festiv…/…/skim2017.pdf

 

さて2日目のスタートです!

朝6:00から活動開始!

今日は朝から竹中選手が合流。

朝のポイントチェックへ!西風が強い・・・地形も平らで波も遠い・・・

IMG_1164

この日の予想では、午後から風がオフショアになり波も近くなるという事で朝は入水せずに午後~夕方にかけ海に入る事に決まりました。

 

合宿所に戻り、ミーティングも早めに進めました。

 

そして結団式!

IMG_3396  IMG_3402

各選手に日本代表認定証授与。

結団式の様子はユーチューブでもアップしています。

 

是非チェックしてください。

IMG_3463 IMG_3465

IMG_3470 IMG_3487

IMG_3477 IMG_3483

そしてミーティング

この日は日本代表について中心に進めました。

IMG_3529 IMG_3496

日本代表として、どんな活動をしたいか?これからの活動内容や今開催されているイベントや大会の取り組み方。大会規定についても話し合いました。

真剣に取り組むから良い形になると思います。

IMG_3516 IMG_3537 IMG_3542

各選手の考えや思いを話してもらう事も出来ました。

 

ミーティングも終わり、地元神奈川のスキムボード専門店『スキムワン』様に代表選手みんなでご挨拶!

本年度もゴールドスポンサーとしてご支援いただいております!

神奈川のスキムショップと言えば『スキムワン』ですね。皆さんも神奈川に来た際には是非お立ち寄りください!!

 

S__6578191

ありがとうございました!

ここでも話は尽きませんが、夕方の入水があるので海へ向かいました!

小田選手は飛行機の時間もあり今回はここで帰路につきました。

 

夕方は風がオフショアになり、波は整っていましたが少し遠目のブレイク。

IMG_3588

それでも十分スキムはできます。

皆で入水!

IMG_3891 IMG_3821 IMG_3820 IMG_3818 IMG_3647 IMG_3602 IMG_3575 IMG_3567 IMG_3553

最後に地元ローカルスキムボーダーとも一緒に入る事が出来ました。

 

今回の合宿はミーティングがメイン!

世界に向け技術の向上も大切ですが、協会や代表の事を理解するのも活動するにあたり大切な事です。

sekai

世界へ向け走り始めた日本代表!

技術はもちろん日本の代表として世界に通用する為に日々の積み重ねが大切になってきます!

これからも応援よろしくお願いします!!

 

今回ご協力いただきました、サーパストレーディング様、神奈川のスキムワン様、地元ローカルスキムボーダーの皆様、平塚市総合運動公園、普段から協会をご支援頂いております各スポンサー様、FANの皆様、支援者の皆様ありがとうございました。

日本代表の活動が色々な地域であると思いますが、今後とも宜しくお願い致します!

 【第 1 期スキムボード日本代表 神奈川合宿】

いよいよスタートした日本代表チーム。

第1期として11名の代表選手が選ばれました。

竹中雄一選手・小田香織選手・壁下和宏選手・山根道子選手・平賀恭聖選手・林大貴選手・杉山誠選手・大原将吾選手・甲斐隆介選手・木全銀之丞選手・木全龍之介選手

NATIONAL-TEAM

技術的にもトップですが、各選手ともカッコいいです!

ハンガー1

合宿を開催するにあたり、株式会社サーパストレーディング様より、代表選手、スタッフにウェットハンガーR2の提供がありました。ワンタッチ式で耐久性もありウェットの乾きも早いです。冬の合宿という事もありウェットの乾きが早いと助かります。

サーパストレーディング様には全日本選手権大会や他の事業でもサポートして頂いて10年以上のお付き合いとなります。今回も有難うございました。

 

さて、合宿ですが選手と協会の意識統一を図ることを中心に意見交換をしたり、今後の活動について、トレーニング、技術の向上なども実施しました。

内容が濃いので時間をかけてじっくりやりたい!!でも、日程の関係もあり2日間に凝縮です。

今回は、天候の影響で参加できない選手もいました。

今季最大の寒波で大雪!改めて自然の大きさを感じますね。

 

まず1日目は海でのトレーニングからスタート。

みんなが声をそろえて『寒い!!』

IMG_3117 IMG_3145

気温は低くても風がなかったので日が出ると普通には入れて一安心。

波はブレイクが遠目であまり整ってはいませんでしたが各自課題をもって入りました。

IMG_3123 IMG_3127 IMG_3129 IMG_3142 IMG_3201

撮影も入り(宮川監督)約2時間集中!!

撮影&動画作成はmiyagawa videography様。全日本選手権大会や昨年の合宿動画、プロモーション動画の製作等、いつもご協力いただいております。ありがとうございます!!

IMG_3119

ビデオレクチャーも取り入れ、ライディングの改善もすぐに取り組める・・・便利な時代になりました!!

IMG_3249 IMG_3135

合宿の2日間運営をサポートしてくれるスタッフとして、吉本さんにご協力いただきました。陰で支えてくれる協力者って大切ですね!ありがとうございます!!

今後、日本代表をサポートしてくださるスタッフ(コーチ、トレーナー、メディカル、マネージャーなど)も必要となってきます。1つのチームとして世界を目指していきましょう!!

海は10時前には上がり、その後は会議室でのミーティング。

平塚市の平塚総合運動公園の合宿施設や会議室をお借りしました。ありがとうございます!!

IMG_3281

ミーティングは協会について説明しながら意見交換。

協会って何だろう?どんな活動するの?一般社団法人って?

IMG_3278 IMG_3294 IMG_3276

基本的なことですが、なかなか知る機会が少ないと思います。代表選手とも基本的な所から意識統一していきました。

 

お昼からはトレーニング

昨年の全日本11thで優勝しアメリカのオクトーバーフェスでWomen’s Pro日本人初優勝の小田香織選手はプロのトレーナーとして活動しています。

IMG_3320

今回はトレーニングを担当して頂きました!

IMG_3298 IMG_3311 IMG_3326 IMG_3333

まず身体のチェックから、使う筋肉やバランスなどのレクチャー、そして楽しみながらもしっかりトレーニング。

IMG_3338 IMG_3359 IMG_3376良い汗かきました!!

スキムボードもすることも大事だけど、その基礎となる体を作ることの大切さを実感します!!

 

会議室に戻りミーティングの続きを行い1日目は終了となりました。

IMG_3273

合宿施設の各部屋に戻って休憩です。

休憩中に、ちょっと撮影!

S__6570018

近日公開しますのでお楽しみに!

 

夜は皆で食事をしました。

スキムについても色々な事を話し、そして・・・

今回はサプライズで小田選手の海外初優勝をお祝いしました!

S__58884104

これからも沢山のお祝いが出来るように、皆で頑張っていきたいと思います!

 

そして、部屋に戻り長旅の疲れもあり就寝しました!

 

2日目に続く!!

<大会名称>

・S-1 Skimboards Festival 2016 6th

<日 時>

・2016年12月4日(日)

<場 所>

・宮崎県 サンビーチ一ッ葉

<主催者名・団体名>

・MSCE 宮崎スキムボードコンテスト実行委員会

<ジャッジメンバー>

小田 芳寛

三ヶ尻 正

矢島 清二(日本スキムボード協会)

<コンディション>

天候:雨のち曇り

風: オフショア

波のサイズ:コシ~ハラ。セットムネ

・1日を通してのコンディション :

朝の引きから上げにかけてショルダーもありロングライドの出来る斜めの波が入っていました。

満潮に近づくにつれ波足が長くなり波選びが少し難しくなりましたが1日を通して良い波でした。

 

<レポート>

レギュラーブレイク、グーフィーブレイクともにショルダーのあるブレイクで、ターン後走れる波が入ってきました。崩れ際を上手く取りロングライディングに繋げる選手もいました。

ファイナルは地元宮崎の図師選手と福岡の平川選手の対戦。

前半は両者とも果敢に攻めて来ました。中盤には図師選手が際どい波でバックサイドラップターンからのチューブを決め一歩リード。

後半、平川選手はセットの波を積極的に攻めましたがタイミングが合わず追い上げることが出来ませんでした。

優勝は図師選手。

地元宮崎で久しぶりの優勝となりました。

ロングライド賞は1回戦の安河内選手。スタイリッシュなバックサイドダウンザライナーを決めていました。

 

<レポート作者名>

MSCE 宮崎スキムボードコンテスト実行委員会

 

<リザルト>

優勝 : 図師信広exile skimboards/WooF wetsuits/Let’s Party Traction/KaKaPan.SkimShop/(株)克腱組

2位 : 平川征一郎EBIS SKIMBOARDS/スキムボードショップ GOOD WAVE/FREAK TRACTION/WooF wetsuits

3位 : 甲斐隆介 Victoria Skimboards/スキムボードショップ GOOD WAVE/體整骨院

 

ロングライド賞

安河内武司 EBIS SKIMBOARDS /スキムボードショップ GOOD WAVE/REG WETSUITS/X-TRAK

 

%e5%9b%b3%e5%b8%ab優勝者コメント:図師信広選手

満潮にかけ波選びに苦戦している選手もいましたが、地元と言うこともあり上手く波を取ることができました。

久しぶりの優勝と言うこともあり、地元で応援してくれている皆さんに良い報告が出来ます。

まだまだ頑張っていきますので応援よろしくお願いします!!

 

<写 真>写真提供:高橋健一

img_0148 img_0253 img_0260 img_0277 img_0281 img_0282 img_0290 img_0293 img_0298 img_0432 img_0322 img_0359 img_0385 img_0418 img_0461 img_0189 img_0190 img_0192 img_0205 img_0247 img_0524

今年の事業、「ecoプロジェクト2016」が全て終了しましたので報告させていただきます。

ecoプロジェクト2016の開催地は全国4カ所でした。

・第4回ひらつかハザードecoウォーク(湘南ベルマーレひらつかビーチパーク)

・第3回ecoプロジェクト福岡(奈多海岸)

・第2回ecoプロジェクト宮崎(サンビーチ一ツ葉)

・第1回ecoプロジェクト新潟(上越市五智)

各、開催地域に適した環境テーマを設けて、スキムボーダーが主体となり、環境保全活動や環境学習を開催しました。

 

開催順に紹介していきます。

 

 

第2回ecoプロジェクト 宮崎 ~アカウミガメとの共存~

助成団体:第11回TOTO水環境基金助成

環境テーマ:アカウミとの共存

協力:宮崎野生動物研究会

実行委員長:竹友千尋

 

昨年の9月に開催した、第一回ecoプロジェクト宮崎でサンビーチに産卵に訪れるアカウミガメについて学ぶ事ができました。

この事をキッカケに、地元スキムボーダーを中心に毎月定期的にビーチクリーンを行うようになり、TOTO水環境基金の方々や多くの方に参加していただき、沢山のゴミを拾うことができました!!

 

1 2 3 6 7 8 4 5 s__12304386s__13525039

 

参加人数:のべ197名 45ℓゴミ袋:42袋

1月~10月まで多くの方の参加ありがとうございました!!

 

 

7月・8月には産卵・孵化観察会も開催!!

s__33734743s__17694745s__33849412

今年は子ガメに出会えましたよ♪

 

 

9月にはビーチクリーン後に青空学習や生態調査へ同行しアカウミガメについて楽しく学びました!!

 

s__12304387s__12304389s__12304391s__12304388

 

 

雨の日も風の日も暑い日も参加していただき、本当にありがとうございました!!

これからもこの活動を毎月ずっと続けていきたいと思います。

アカウミガメが宮崎に沢山上陸することを願いながら、宮崎の海を守る為に、今後もご協力宜しくお願いします。

スキムボードで海をいつも使わせてもらっている私達からこの活動の輪を広げていきましょう!!

 

 

 

第1回ecoプロジェクト新潟

環境テーマ:楽しくやろう!環境保全!!

実行委員長:北澤翼

協力:上越市

img_9512 img_9534 img_9535

参加者数:44名 ゴミ総量:228Kg

初開催の新潟県!上越市で開催しました!

多くのスキムボーダーに参加してもらい、228Kgものゴミを回収することができました!!

また、楽しくゴミを拾ってもらえるように 「ごみ DE ビンゴ」 というゲームをしながらチームで多くのゴミを拾いました!!

これを機に、スキムボーダー発信の環境保全活動を始めていきましょう!!

 

 

 

第3回ecoプロジェクト福岡

環境テーマ:自然から学ぶ海との共存

実行委員長:牛尾大亮

img_9504 img_9506 img_9526 img_9528 img_9530 img_9533 img_9539

 

参加人数:13名 45ℓゴミ袋:5袋

 

夏季のシーズン中に多くのスキムボーダーが利用する、奈多海岸で開催。

漂着ごみよりも投棄ごみが多いこの奈多海岸を中心に、駐車場や漁港を秋のecoプロジェクトで清掃しています。

全国的にも稀な「鳴り砂」のビーチを守るために今後も活動を続けていきます。

 

 

第4回ひらつかハザードecoウォーク

環境テーマ:防災(ハザード)

助成団体:公益財団法人 セブンーイレブン記念財団

実行委員長:山石明宏

img_2926 img_2942 img_2953 img_2979 img_2989 img_2998 img_3005s__13525024s__13525025img_3016

参加人数:30名 25ℓゴミ袋:38袋

台風16号の影響で10月30日に開催が延期となり、肌寒い中での開催となりました!!

ここ神奈川県でも「ごみ DE ビンゴ」 というゲームをしながらチームで楽しくビーチクリーンをし、

みんなでハザードecoウォークをしながらシティークリーンをしました!!

全日本スキムボード選手権大会やSKIMFESが毎年開催される平塚で地元ローカルのスキムボーダーと一緒に毎年、災害時の避難場所や避難ビルをシティークリーンをしながら確認できていることは日本スキムボード協会にとって大きな力と安心に繋がっています。

本当にありがとうございます。

また、今年はスキムボード日本代表TEAMからも3名参加してもらい、大変楽しく環境保全活動ができました!!

 

 

総評

今年で4年目のecoプロジェクトでした。

スキムボード協会はスポーツ団体ですが、自然をフィールドに使うマリンスポーツ団体です。

自分たちが競技したり、楽しんでいるフィールドを保全し、単純に綺麗に保つことは当然のことだと思います。

サッカー選手や野球選手、柔道や空手の選手が、球場や道場にゴミが落ちていたら拾うのと同じです。

 

今後はスキムボーダーが中心となって地域に合った環境テーマ設け、近隣住民や関係団体と「環境」を一つの軸に繋がり、協働していけるような事業にスキムボーダーの方々と一緒に楽しく成長させていければと考えています。

全国で協力、参加頂いた皆様ありがとうございました。

また、最後になりましたがこの様な事業を開催できましたのも、助成・協働頂いた企業や団体、行政機関、日本スキムボード協会を年間を通してサポートいただいているスポンサー様のお力添えのお陰です。心より感謝申し上げます。

 

12th Annual Oktoberfest Day 2

いよいよ大会2日目です!

img_1443

 

img_1993

波は少しサイズダウン・・・予報では風が吹いてくるのでProヒートがメインに進みます。

とにかくプロライダーは凄いです。圧倒されまくりです。

img_1466 img_2158 img_2134 img_2061 img_1855 img_1665 img_1539 img_1517 img_2378 img_2446

トップも凄いですが、海外の若い世代はジュニアも含め多いです。ビル・ブライアンの息子やクリス・ヘンダーソンの息子も大会に出場しています!

img_2522

さてさて、日本代表からは小田選手登場!Women’s Proのクオーターファイナルに!

img_2248

このヒートもリズムを掴んで勝ち上がりセミファイナルへ!

img_2279

セミファイナルはと言うと・・・相手選手が怪我の為、棄権。という事で小田選手ファイナルへ進出となりました。

さあ、残すはファイナル!

日本人選手でWomen’s Proファイナリストは初です!応援にも力が入ります。

 

まずはMen’s Pro!ファイナルはブレアとサミーのガチンコ勝負!

img_2662

やっぱりこの2人は上手いです。

img_2718 img_2687 img_2698 img_2700

トッププロのライディングはレベルも高く、どんなジャッジしてるのかな~?と気になる所ですが。なんと今年から電子ジャッジシステムを使っていました。

ヒート中、点数をアナウンスするので聞きながら見ていると、今何ポイントで何位かわかります。日本でも上手く取り入れられると良いかもしれないですね。

 

さあ、いよいよWomen’s Pro小田選手の出番!

img_2607 対戦相手はCasey Kiernan。

 

img_2604 この舞台で自分を出し切って欲しいです!!

img_2636   img_2613 img_2626

小田選手はファイナルもペースを握っていました。果敢に攻めしっかり決めてくる!

会場の雰囲気も味方につけて見事優勝を勝ち取りました!!

img_2660

日本選手として海外の大会で優勝をするのは快挙です!!

小田選手、素晴らしい成績を収めました!今後の活躍も期待しています!

 

大会のリザルトです。

Pro以外の日本人選手も頑張りました!!

img_2871

Woman’s AM 優勝:大町ゆかり  2位:竹友千尋  3位:Naz Mir

img_2863

年令別30~39 優勝:Aaron Fujimoto 2位:Harley Nelson 3位:山根祐輔 4位:Will Wright

img_2869

年令別40up 優勝: Lance Brooks 2位:矢島清二     3位:Jason Holloway 4位:Brad Dickey

img_2881

Women’s Pro  優勝:小田香織    2位:Casey Kiernan      3位:Steff Mags    4位:Sam Victor

img_2888

小田選手の優勝に、ビル・ブライアンが駆け寄って祝福してくれました!

img_2902

Men’s Pro 優勝:Blair Conklin 2位:Sam Stinnett 3位Gerardo Valencia 4位:Bill Bryan 5位:Patrick Mack 6位:Derek Shenton 7位:Jackson Tenney 8位:Paulo Prietto

img_2915

USTのツアー優勝Casey KiernanとオクトーバーフェスWomen’s Pro優勝の小田選手

img_2834

日本代表メンバーがブレア・コンクリンのMen’s Pro優勝とUST優勝を祝福しました!!

 

今回、世界への挑戦で、NATIONAL TEAMメンバーも多くの事を学び感じてきました。成績が残せた選手、上手く自分を出し切れなかった選手、様々です。選手として新たな目標が見つかったと思います!!
各選手、自分のレベルの向上だけではなく、日本のスキム業界の事も個々でしっかりと考えていました。さすがです!!

%e7%ab%b9-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

竹中雄一

%e3%81%8b%e3%81%8a-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

小田香織

%e5%b9%b3%e8%b3%80

平賀恭聖

%e6%9e%97

林大貴

%e5%a3%81

壁下和宏

%e9%81%93

山根道子

 

 

 

 

 

 

img_2796

今回の遠征で世界へ一歩、二歩と近づきました。
更に追いつき追い越せるように、一歩一歩進んでいきたいと思います。

 

代表チームを支援してくださった皆様、スポンサーの皆様のおかげで結果を残す事が出来ました!さらに上を目指していきたいと思います。

これからも色々な活動をしていきます!皆さんの応援、支援が選手の力となりますので引き続きよろしくお願いします!

 

CHALLENGE TO THE WORLD!!

スキムボードNATIONAL TEAM 応援Tシャツ限定発売中!

img_1250

SKIMCLUB会員の方は会員価格になりますので、ログインしてからお買い求め下さい。

http://jsa-skim.shop-pro.jp/?pid=107082008

 

全日本オフィシャルグッズも好評販売中!!

http://jsa-skim.shop-pro.jp/

<大会名称>

・延岡市長杯 うみがめカップ サーフィンコンテスト(スキム部門)

<日 時>

・2016年 9月25日(日)

<場 所>

・宮崎県延岡市クリーンセンター東海岸裏 毛無(けなし)ポイント

<主催者名・団体名>

・延岡スキムボード大会実行委員会(サーフィンメンバー:うみがめカップ実行委員会)

<ジャッジメンバー>

・小田、三ヶ尻、太田

<コンディション>

天候:曇

風:(無風)午前中、(2~3m)午後

波のサイズ:ヒザ~モモ

 

・1日を通してのコンディション :大会開始の時間帯は、干潮により小刻みな波の中から、たまにまとまったヒザ波であった。潮が満ちるにつれて、台風影響によるサイズアップと潮位とが上手くかみ合い、モモまでサイズアップし、一日を通じてスキムボートに適した波であった。

 

<レポート>

・本大会は、もともとサーフィン(ロング・ショート)、BBで競技を行っていたものの、昨年よりスキム部門を新設し、大規模なマリンスポーツ大会を一体感をもちつつ行っている。(九州では同様の大会はない)

・また、大会開催場所が長いビーチであることから、4ヒートを同時開催可能となっている(サーフィン、BBで3ヒート、スキム1ヒート)

<レポート作者名>

・延岡スキムボード大会実行委員長 前田

<リザルト>

・スペシャルクラス

優勝 安河内 武司

2位 金丸 大全

3位 安藤 文浩

4位 小河 信夫

・オープンクラス

優勝 大無田 和也

2位 西田 恒平

3位 友澤 寛

4位 首藤 敬太郎

・目立ってたで賞

清水 友之(足が超速い)

・チャレンジ賞

田中 瑶(昨年ビギナー⇒今回オープン)

 

<写 真>

%ef%bc%91

img_0163 dpp1052 dpp1051 dpp1045 dpp1025 dpp1005 dpp999

img_7511 img_7510 img_7509 img_7507 img_7505 img_7504 img_7503 img_7497 img_7492 img_7491 img_7485 img_7484 img_7482 img_7481 img_7479 img_7478 img_7476 img_7472 img_7471 img_7469 img_7467 img_7466

 

img_7590-7 img_7590-6 img_7590-5 img_7590-4 img_7590-3

img_7590-2 img_7590-1 img_7513 img_7512

<大会名称>

・2016  Vigour’s Cup 20th

<日 時>

・2016年10月16日(日)

<場 所>

・千葉県勝浦市部原海岸

<主催者名・団体名>

・Vigour、千葉skim

<ジャッジメンバー>

坂本孝史、鈴木豪、鈴木拓人、矢島清二、小久保弘昭

<コンディション>

天候:曇りのち晴れ

風: 午前中は北東でサイドショア、午後から東で強めのオンショア。

波のサイズ:

干潮 10:26

満潮 16:35

<1日を通してのコンディション>

引きの時間はすね前後でパワーのないダラダラとした波

上げにかけてサイズも上がり腰前後。フェイスの取れる波になりました。

 

<レポート>

サーフショップヴィガーさん主催のサーフィン、ロングボードの大会に昨年よりスキムボードを加えていただき、合同では2回目となる競技大会を開催しました。

スキムボードの試合においては独特のルールを設け、男女混同、クラス混同となっており他の大会では見られない組み合わせになるので新鮮で適度な緊張感を体験できることも魅力です。

ベストライド1本をフラッグ判定のジャッジシステムを取り入れています。また、マキシマム6本も特徴の1つです。

スキムボードの普及、発展促進に加えまだまだ認知度の低い地域であるため今後も地元の方々と親交を深めながら地域活性化に繋がるイベントとして継続していきたいと思います。

 

<レポート作者名>

Vigour ‘s Cup 千葉skim実行委員

 

<リザルト>

Aクラス

1位 森近 光太郎 (埼玉)

2位 山根 祐輔 (千葉) ムラサキスポーツ神田小川町店・Victoria Skimboards・AIRTIGHT・INSIDE PRODUCTION・CREATURES

3位 安田 哲 (神奈川)  Victoria Skimboards ・REG WETSUITS ・Skim One

 

Bクラス

1位 森田 幸治 (神奈川)

2位 山根 道子 (千葉)  ジョーンズインタースポーツ株式会社(MAZAR)・WooF wetsuits

3位 萬浪 健太郎 (兵庫)

 

Cクラス

1位 赤堀 勇 (静岡) EBIS SKIMBOARDS・NUTS traction

2位 前東 晃 (千葉) IMPACT skimboards・INSIDE PRODUCTION

3位 渕之上 隆司 (兵庫)

 

<写 真>

写真提供<滝澤 裕樹、白石哲哉>

af-jpeg cf-jpeg djr-jpeg bf-jpeg%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%87%e3%82%a3%e3%83%b3%e3%82%b0%ef%bc%880%ef%bc%89-jpeg %e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%87%e3%82%a3%e3%83%b3%e3%82%b0-2-jpeg %e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%87%e3%82%a3%e3%83%b3%e3%82%b0-4-jpeg %e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%87%e3%82%a3%e3%83%b3%e3%82%b0-1-jpeg  %e8%a1%a8%e5%bd%b0-jpeg a-jpeg b-jpeg c-jpeg %e9%9b%86%e5%90%88-jpeg